読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしても触れたくない

「どうしても触れたくない」 2009年3月27日発売

 

原作 : ヨネダコウ

 

キャスト : 石川秀朗(外川陽介)× 野島健児(嶋俊亜紀)

 

原作既読。

 

転職した嶋。

 

会社のエレベーターで二日酔いで酒とタバコの匂いをさせた男

 

外川と会う。

 

最初の出会いは最低だったけど、外川の無意識な気遣いや、

 

優しさに惹かれていく。

 

付き合ってた男にひどい目にあわされて

 

会社を辞めた過去があり、自分を戒める嶋だったが。

 

 

一方、嶋の人との距離の取り方を気にしていた外川だったが

 

いつも一人で昼を取る嶋を誘うがタイミングが悪く

 

中々チャンスがない。

 

そんな時、会社帰りに強引に食事に行くが・・・・・・。

 

 

★嶋の傷つきやすく、前に中々進めない感じが切ない。

 

外川は大雑把な感じを受けるが、やはり過去に傷ついている。

 

嶋とは違って思ったことを素直に感情表現する性格。

 

最初は身体からの関係だったが外川も段々と惹かれていく。

 

不器用だけど、無骨だけどの二人のストーリー。

 

駆け抜けるような時間の速さはなく

 

ゆっくりと思い悩みながら進んでいく嶋。

 

すれ違ってしまってもうダメかなと思ったとき、

 

やっと踏み出していく。

 

元カレの言葉やひどい仕打ちを思い出しては

 

同じような場面で外川は全くと言っていいほど

 

前向きな言葉に嶋は救われていくんだなって思いました。

 

同じ考え同士もいいのかもしれないけど、

 

自分の後ろ向きな部分を前向きな対応してくれると

 

頭を殴られたような気持になるときがあります。

 

きっとそんな感じなのではと思います。

 

気づかされる。こういう考え方もあるんだ。

 

自分は忘れていた。もしくは思考はなかったな。

 

って感じですかね。

 

お互い良い方に影響しあえるのはいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

素顔の君をあいしてる

「素顔の君をあいしてる」 2009年11月26日

 

原作 : 片瀬わか

 

キャスト : 緑川光(永田千尋)× 岸尾だいすけ(森光)

 

オンラインゲームをやっている高校生の光。

 

毎日寝不足になるほどハマっていた。

 

ゲームの中のいつも優しいチロに恋をする。

 

会う約束をするがチロは・・・・・・・。

 

私もオンラインゲームを7~8年ほどやっていたので感じる

 

所はありました。

 

ゲームの中とは言え社会の縮図のようですから、

 

いい人もいればそうじゃない人もいて、顔が見えない分

 

酷いなーって感じてしまうのも多いです。

 

みんなでアイテムを取りに行っても自分の分だけ取れたら

 

抜けてしまう人とか、持ち逃げしちゃうとか。

 

ピンチになると回線落ちを装っていなくなるとか、

 

暴言吐きまくる人とかは見慣れてしまっていましたけど。

 

その分いい人も沢山いてとても親切にしてもらいました。

 

みんなと力を合わせて強い敵を倒して行くというだけだけど

 

負けたら負けたで作戦練り直してって、意見言い合って

 

一致団結して。

 

笑われそうですが第二の青春のようでした。

 

なのでちょっとこのお話は共感できるw

 

なんて思いながら聴いていました。

 

全く知らない相手と会ってゲームの中だけではなくて

 

ほんとに好きになっていく。

 

私は仲良かった人たちがみなさん遠くて

 

オフ会は参加したことがないので本当に付き合うとかは

 

わかりませんが、(ゲームのキャラで素敵だなって人はいました。)

 

実際つきあってしまう、結婚してしまう、

 

そういう人もいましたね。

 

だからあり得ないお話ではないなぁって

 

色々なことを思い出して懐かしく思いながら

 

聴いていました。

 

ゲームやってるとオタクと言われてしまうので

 

外では言いづらかったな。

 

 私が始めたころはまだオンラインをやっている人が少なかったので

 

すよね。

 

 

めちゃくちゃゲーム好きなのになー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

玉響

玉響    2015年3月8日発売

 

原作 : ゆき林檎

 

キャスト : 平川大輔(立花寅一)× 松岡禎丞(朝倉通忠)

 

貿易商の一人息子で混血の通忠。

 

その容姿のお陰でよくいじめられていた。

 

そのころいつも助けてくれた幼馴染立花がいた。

 

その心を開いていた立花と旧制高校で再開した。

 

過去に立花とタバコ屋の娘との情事を目撃してから

 

通忠は立花に会うことはなかった。

 

その時にラムネを落としてしまい割れたガラス瓶の中のビー玉を

 

立花は大切に持っていた。

 

再開後、また心が開きかけた時、立花の家が資金繰りに失敗して

 

学校をやめることになり、そのあと、関東大震災

 

会えなくなってしまう。

 

混乱の中、通忠は5年もの間作家になるのが夢だった立花を

 

それだけの手掛かりで探し続けていた。

 

通忠には結婚が決まっていてもう時間がなく切羽詰まっていた。

 

ある店に現れる作家がいると聞いて名前は違ったが何日も通っても

 

会えなかった。明日が結婚式だという日に

 

その店が閉まっても外でもう少しと待っていた・・・・・・。

 

いやー・・・。

 

原作も泣けたけどCDも泣けます。

 

原作なんて何度読んでも泣きますね。

 

最後の言葉がたまりません。

 

また、松岡さんの声が切なく聞こえます。

 

いい声だ。

 

 

 

 

貴族シリーズ1 貴族と熱砂の皇子

貴族シリーズ1 貴族と熱砂の皇子 2004年8月27日

 

原作 : 遠野春日

 

キャスト :

 

 檜山修之(ザイード&アシフ)× 置鮎龍太郎(小野塚竹雪)

 

貴族シリーズ第一弾。

 

熱砂と言うだけあって砂漠の国が舞台です。

 

日本から兄が住む中東の国へ大学の卒業旅行で一人旅。

 

同じ飛行機内であった男が気になる竹雪。

 

兄と会った後一人でいるときに誘拐されてしまう。

 

それを助けてくれたのが飛行機で会った男ザイードだった。

 

兄のいる街に戻るまで2人旅をするが・・・・・・・。

 

私は中東に行ったことがないので想像の域ですが

 

さばくって感じが効果音とかで分かります。

 

貴族との恋とかって女性誌とかでよくありそうなタイトル

 

ですよね。玉の輿はよくついてまわる題材です。

 

お金持ちと結婚したいって思う人は少なくないはず。

 

竹雪の家もなかなか裕福のようですが

 

砂漠の王にはかなわないですよね。

 

CDのパッケージをみるとザイードはお髭をたくわえております。

 

あちらの国の人は髭が似合いますね。

 

檜山さん二枚目の役いいですね。

 

このシリーズフリートークも面白いです。

 

出ていない声優さんがフリートークのためだけに呼ばれていたり

 

します。

 

賢雄さんいい味出してます。

 

 

 

 

 

 

美男の殿堂

美男の殿堂 2007年1月19日発売

 

原作 : 神葉理世

 

キャスト : 遊佐浩二(殿下、叶)× 成瀬誠(名取淳哉、午前)

 

小野大輔クリスティアン・ベルナドッテ、伯爵)×中井和哉

 

(姫野有祐、姫)

 

中村悠一(郡司将、将軍)× 宮田幸季(太夫郁実)

 

ミュージシャンになろうと家を出てきた淳哉。路上で歌っていると

 

美形の男に拾われる。

 

連れてこられたアパートにただで住まわせてもらうことになる。

 

そこは美男ばかりが住んでいるアパートだった。

 

沢山登場人物がいると、やっぱりてんやわんやです。

 

掛け合いが面白いところもあるし、真面目なシーンも

 

あります。

 

とにかくみんな仲良しです。

 

一緒にご飯も食べてるし。

 

賑やかで楽しそうです。

 

声優さんも錚々たるメンバーです。

 

 

KEEP OUT (キープアウト)

 KEEP OUT (キープアウト) 2010年3月25日発売

 

原作 : ひちわゆか

 

キャスト : 小西克幸(各務)× 武内健(冬姫虎之助)

 

大財閥の若当主と警備会社に勤めるボディーガードのお話。

 

VIPの個人任務は専門外だったが上の命令でガードしていた。

 

冬姫は毎日各務に毎日口説かれストレスが溜まっていた。

 

勝手な行動をとる各務に怒りを覚えるが・・・・。

 

家事をしながら聴いていたので、

 

気がついたら終わっていた。

 

各務は密かに体を鍛えに行っていたりして

 

自分が冬姫を守ろうとしていた。が極度の運動音痴だった。

 

各務はなんだか少しかわいいです。

 

小西さん相変わらずいい声してます。

 

 

 

 

 

可愛い面もあります。

 

 

くいもの処 明楽

くいもの処 明楽 2007年9月26日発売

 

原作 : ヤマシタトモコ

 

キャスト : 野島裕史(鳥原奏行)× 中井和哉(明楽高志)

 

原作既読。

 

食い物処で働く店長とバイトのお話。

 

店長にマジ告白したバイトの鳥原は年下のくせに敬語も使わない。

 

明楽は女が好きだし相手にするつもりもなかったが、

 

告白には真面目に返そうとしていた。

 

鳥島に「危機感もって」と言われたりして

 

ちょっとビビるが・・・。

 

 

忘れ物はないですか?の質問に「記憶」と答えたりして

 

可哀そうな子と先輩に言われてしまう明楽。

 

どんどん考えが深みにはまっていく。

 

原作を読んだときは、表紙で2人とも似てるなーって。

 

色んな人が出ていて皆さん面白いです。

 

先輩に妄想中に怒られたりしているのも面白いです。

 

皆さん血の気が多いです。