遊覧船

「遊覧船」 2009年8月28日発売 ドラマCD

 

原作 * 絵 : 藤たまき

 

キャスト : 子安武人(間宮悠)× 岸尾だいすけ(東西日和)他

 

 

遊覧船

 

遊覧船

 

身体を壊し遠くにある高校を休学して半年の日和。

 

遊覧船乗り場でリハビリがてらアルバイトをする。

 

いつも買いに来るとても気になるかっこいいお客、間宮がいた。

 

いつもタバコと缶コーヒーを買って数か月間ずっとおつりをくれる。

 

実家は旅館でたまに手伝いもする。

 

いつもは母親が運ぶが忙しく離れのお客に

 

食事を運ぶと間宮がいた。

 

物書きをやっている間宮は仕事場として離れを

 

借り切っていたのだった。

 

そして食事を運ぶとまたお駄賃だといってお金をくれる。

 

次の日からまた食事を運ぶ役をするがその度に

 

お駄賃をくれる。

 

その額が大きくて気が引けるがまた来てほしかったからと

 

間宮は言う。それから部屋に上がるようになる。

 

食事をしながら世間話をする。

 

相変わらずお金をくれる。

 

そのうち距離が縮まり体の関係を結ぶが

 

その時も破格なお金をくれようとする。

 

日和はお金が欲しいからこういう事をしたわけじゃないと

 

言うが・・・・・・・。

 

 

 

=感想=

 

とにかくお金で愛情をつなごうとするんだけど

 

全く悪気がないんですよね;

 

くれるって言うんだから貰っちゃえばいいのにとか

 

思いましたが間宮が好きな日和はショックを受けていますね。

 

フリトでキャストさんも言っていましたが

 

お金がすべてじゃない!!って。

 

とは言ってもお金がないと生きていけないのも事実で

 

お金はあっても邪魔にはならないと言いますからね。

 

あるに越したことはないですね。

 

羨ましいお話です。

 

後半、日和が間宮を傷つけるんですが、

 

勝手に傷ついているというか・・・・(笑)

 

それでも日和は別れてやらないからなーって

 

本人と勘違いして編集さんに怒鳴るわけです。

 

間宮は間宮で策を練るわけですが・・・・・

 

全体的にのんびりとやんわりとした恋愛のお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする