読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいこと

「美しいこと」 2009年3月25日発売 ドラマCD

 

原作 : 木原音瀬

 

キャスト : 杉田智和(寛末基文)× 鈴木達央(松岡洋介)

 

松岡は週末になると女装をして街に出ていた。

 

ある時、いつも仕事の取引先で自分を足蹴に追い返す男が

 

女装している松岡だと気が付かずに声をかけてきた。

 

仕事の話を聞けないかと

 

誘いに乗るが散々な目にあい裸足で雨の中逃げてきた。

 

誰もが見て見ぬふりをする中、傘を差しだして履いている自分の

 

靴を差し出してタクシー代までくれたのは親しくはないが

 

同じ会社の寛末だった。

 

女装をしていたので声を出すとバレると思い

 

口がきけないふりをした。

 

メルアドを交換してメールのやり取りをし距離が段々と

 

近づき始めた。そんな時、寛末が松岡の同僚に嫌がらせで

 

左遷されることになる。

 

 

=感想=

 

松岡の気持ちが後半だんだん切なく可哀そうです。

 

寛末は最初は潔い真面目な人だなと交換を持てたけど

 

だんだんと優柔不断すぎてイライラしてきます。

 

ああでもないこうでもない・・・・・はっきりしろーーー!!

 

って思ってしまうくらいです。

 

こういう男の人苦手です。

 

寛末は優しいけど、もうメンドクサイ男だなぁー

 

って何度思った事か・・・・・。

 

だんだんと松岡に冷たくなっていく寛末はちょっと嫌な人に

 

見えました。

 

確かに女性の振りしていたのを隠していた松岡も悪いけど。

 

実際の心の中は誰しもこんな感じな時も

 

あるのだと思いますね。

 

まして相手が相手だけにそうすんなりと認められないのも

 

わかりますけどね。

 

あからさまに乾杯のグラスもスルーしたり

 

話し方も冷たい。

 

松岡の傷つきながら一生懸命に普通に接しようとする姿が

 

健気だなって思います。

 

松岡の心の叫びが辛かったです。