読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

窮鼠はチーズの夢を見る

「窮鼠はチーズの夢を見る」 2008年2月27日発売

 

原作 : 水城せとな

 

キャスト : 遊佐浩二(今ヶ瀬渉)× 中村悠一(大伴恭一)

 

優柔不断で流されやすい大伴恭一。

 

妻がありながら不倫を何度も繰り返している。

 

妻は浮気でもしていれば恭一と別れられると思い

 

興信所を雇っていた。

 

その調査員として現れたのが大学の後輩、今ヶ瀬だった。

 

そして不倫してましたよね?と恭一に迫り

 

口止めにキスをねだる。

 

今ヶ瀬は大学時代から恭一が好きだったと告げる。

 

いくつもの不倫がバレ、今ヶ瀬は妻には報告していなかったが

 

妻から恭一に離婚をせまられる。

 

それを今ヶ瀬のせいだと今ヶ瀬に連絡してきた。

 

独身になり半年後、今ヶ瀬が現れる。

 

頻繁に家に出入りし、挿入なしの関係になる。

 

そんな時同窓会があり連絡先を交換した人妻の同級生に

 

今晩だけ付き合ってほしいと言われ

 

恭一は流されて関係を持つ。

 

「今ヶ瀬ごめん。」と心で思ってしまいながらも

 

これでいいんだと思う。

 

今ヶ瀬は疑っている。

 

寝ている間に恭一の携帯をチェックし本人の前で

 

「これが今回の流され侍の行先ですか」

 

そして喧嘩別れして今ヶ瀬は来なくなる。

 

今ヶ瀬をきにしつつも、人妻に呼び出され

 

また関係を持つためにホテルへ行くと今ヶ瀬が男と部屋から

 

出てくるのを見て、人妻を置いて今ヶ瀬に殴りかかる。

 

「仕事中です、」

 

地方から出てきた依頼人と待ち合わせしていただけだったが

 

人妻はホモだと誤解して逃げて行った。

 

そして大学時代のサークルで付き合っていた元カノと

 

会ってしまい、今ヶ瀬とどっちを選ぶのかと言われ

 

揺れるが・・・・・・・。

 

=感想=

 

原作既読。

 

なんで今ヶ瀬は恭一みたいな正直クズな男が好きなんですかね~

 

顔が好みだとは言っていたけど・・・・・。

 

今ヶ瀬も執着すごいです。

 

ずっと好きで一度はあきらめた相手だからでしょうか。

 

もうドロドロですよ。

 

恋愛って奇麗なばかりじゃないって言うのを

 

思い出させられますね。

 

今ヶ瀬がちょっと可哀そうだった。

 

切ないよな。

 

元カノも恭一を煽るよなぁ。

 

自分を選びなさいよ!!って言ってる感じがちょっと怖い。

 

同性愛の苦痛さとか描かれていました。

 

恭一は今ヶ瀬を傷つけて傷つけて

 

言い訳しながら傷つけて。

 

間違いなんだと自分に言い聞かせて。

 

今ヶ瀬を傷つけている自分も辛くて。

 

そしてそれを聴いている私もつらかった!!

 

泣けました。

 

今ヶ瀬の残していったたばこの吸い殻が

 

捨てられなくて・・・・・・。

 

今ヶ瀬のセリフで気の遠くなるような24時間。

 

来ない連絡を待ち続けている・・・と

 

昔私もそんな思いしたなぁなんて

 

思い出したりしましたよ。

 

夜がつらいんですよね。ほんと。静かすぎて。

 

女性とのシーンもあるので苦手な人は気を付けた方がいいです。

 

この続きもまた色々あるんだよなぁ。

 

やっぱり良い作品だと思います。