読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばらのはなびら

「ばらのはなびら」 2013年3月27日発売

 

原作 : 紺色ルナ

 

キャスト : 遊佐浩二保坂誠太郎)× 野島裕史(嵐谷真次)

 

嵐谷は勤め先の産業カウンセラーの先生に憧れていた。

 

いつも昼休みに先生のもとに訪れては昼を食べてお茶をして。

 

しかし先生はやめることになる。

 

そして偶然保坂に先生への気持ちに気づかれて・・・・・・。

 

ひょんなことから保坂と関係を持ち恋人同士になるが

 

もっと保坂を独占したい気持ちがありながらも

 

言えずにいた。

 

家族にもゲイだとカミングアウトをしたいと思いながらも

 

出来ずにいたのに、いつも好き勝手やってきた兄が

 

今付き合ってる人が男だと家族にカミングアウトする。

 

簡単にカミングアウトする兄に羨ましさを覚えてる。

 

そのころ、会社の別の課の女性が接触してくる。

 

保坂の元カノだ。馴れ馴れしく保坂に接する彼女に

 

嫉妬するが言えずにいる。

 

そして・・・・・・。

 

 

=感想=

 

何か大事件が起こるほどのこともないけど

 

私はこのお話嫌いじゃないんですよね。

 

キャストのお二人がいい味を出しているからでしょうか。

 

凄く甘いわけではないけど、

 

少しづつ前を向いて歩き始めた嵐谷は

 

保坂の元カノに保坂を名前で呼び捨てするのをやめてほしいと

 

はっきり言うようになる。

 

お互いに大切な人になっていて。

 

時間の流れ方がいいです。

 

セカセカしてなくてでもダラダラしてる感じでもなく。

 

あー・・・・・すごく眠くなってきました。

 

今日あたり良い気候過ぎて眠いです。