読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしても触れたくない

「どうしても触れたくない」 2009年3月27日発売

 

原作 : ヨネダコウ

 

キャスト : 石川秀朗(外川陽介)× 野島健児(嶋俊亜紀)

 

原作既読。

 

転職した嶋。

 

会社のエレベーターで二日酔いで酒とタバコの匂いをさせた男

 

外川と会う。

 

最初の出会いは最低だったけど、外川の無意識な気遣いや、

 

優しさに惹かれていく。

 

付き合ってた男にひどい目にあわされて

 

会社を辞めた過去があり、自分を戒める嶋だったが。

 

 

一方、嶋の人との距離の取り方を気にしていた外川だったが

 

いつも一人で昼を取る嶋を誘うがタイミングが悪く

 

中々チャンスがない。

 

そんな時、会社帰りに強引に食事に行くが・・・・・・。

 

 

★嶋の傷つきやすく、前に中々進めない感じが切ない。

 

外川は大雑把な感じを受けるが、やはり過去に傷ついている。

 

嶋とは違って思ったことを素直に感情表現する性格。

 

最初は身体からの関係だったが外川も段々と惹かれていく。

 

不器用だけど、無骨だけどの二人のストーリー。

 

駆け抜けるような時間の速さはなく

 

ゆっくりと思い悩みながら進んでいく嶋。

 

すれ違ってしまってもうダメかなと思ったとき、

 

やっと踏み出していく。

 

元カレの言葉やひどい仕打ちを思い出しては

 

同じような場面で外川は全くと言っていいほど

 

前向きな言葉に嶋は救われていくんだなって思いました。

 

同じ考え同士もいいのかもしれないけど、

 

自分の後ろ向きな部分を前向きな対応してくれると

 

頭を殴られたような気持になるときがあります。

 

きっとそんな感じなのではと思います。

 

気づかされる。こういう考え方もあるんだ。

 

自分は忘れていた。もしくは思考はなかったな。

 

って感じですかね。

 

お互い良い方に影響しあえるのはいいですよね。