読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わらない不幸についての話

終わらない不幸についての話 2016年4月22日発売

 

原作 : 緒川千世

 

キャスト : 新垣樽助(清竹誠司)× 興津和幸(烏童隆之)

 

原作既読ですがCDの方を先に聴いてしまって

 

次の日に原作買って読みました。

 

誤算のハートのスピンオフになるのかな。

 

私はこちらのお話の方が好きです。

 

中学生の同級生同士が八年たって

 

大学のコンパで再開してからのお話。

 

中学の時に同じバスケ部の

 

ノンケの清竹が好きで、清竹は烏童よりも20センチも

 

小さかった。その清竹に小さい黒髪のロングの彼女ができて

 

烏童は彼女をとってしまう。

 

清竹は烏童を憎み疎遠になってしまう。

 

烏童は遊び人で有名だったけど心の中ではまだ清竹を・・・・・。

 

このお話は何度聴いても、烏童が泣くシーンで一緒に

 

泣いてしまうんですよね。

 

前にも書いたけど興津さんの演技どのCDも泣くシーンで

 

一緒に泣いてしまうんだよね。

 

ちょっと切ない感じです。

 

でもちょっと烏童は歪んでいるところも

 

あって。

 

「みんな俺と同じように傷つけばいいのに」

 

とか言うセリフがある。

 

弟の彼氏に意地悪言ったりするんですよ。

 

あとで弟に殴られてますけどね。