「まなざしの誘惑」

「まなざしの誘惑」 2006年2月20日発売

 

原作  遠野春日    絵 蓮川愛

 

CAST  三木眞一郎(萩原大成)× 平川大輔(谷口聖) 他。

 

まなざしの誘惑

 

まなざしの誘惑

 

 

日本人形みたいな奇麗な子が完全会員制ホストクラブ

バイオレットにいて年齢も性別も一見不詳で

ミステリアスな雰囲気だと噂の聖は

同性から見た男たちの目には自分はどう映るのか

気になって働くことにした。

だが手をつなぐ以上のことはさせない

お堅いホストでも有名だった。

気の引きたい相手は男に興味があるかもわからない。

世話役として父が連れてきた、大成の気を引きたかった。

聖は代々政治家の父を持っていた。

そんな時お客に無理やりキスをされ

何とか逃げ出すと後ろから誰かつけてくる。

大成だった。

大成は何も言わずついてくるだけだった。

100坪以上ある家にいつも一人だった聖は

お手伝いさんが帰った夜はいつも一人で寂しかった。

 

バイト先で変わったお客の指名が入った。

恋人の振りをして一緒に旅行に行ってほしい、

というものだった。

指名してきた男は好きな男が意地を張って

自分を見てくれないから芝居を打つという。

それに協力することにしたが・・・・・・・。

 

 

 

ー感想ー

 

じれったい唇のスピンオフっていうのかな。

じれったい唇に出てきた芝居を打ったホストが

聖で、今度は聖のお話。

聖は好きな人の気を引きたいけど

中々気を引けなくて、はっきり言い出せない。

演技がうまいお二人なので

聴いていると大成だって好きなのは明らかなんだけど

当の本人の聖は大成の気持ちが分からなくて

大成を困らすようなことをしてしまうんだよね。

そっけなくされるのがつらい。

大成がそっけなくしちゃうのはわけがあるんだけどね。

あまりBLでバットエンドって少ないような気もするんだけど

そういえばこの間聴いたオムニバスのCDは

全部中途半端に終わっていましたね;;

えーーーーーー全部こんな終わり方なのーって

ちょっと不完全燃焼的な気持ちになりましたね。

ただ、特典CDをまだ聴いてないのでもしかしたら

良い終わり方になってるかもしれません。

ただのフリトークだったら笑えるけど( ´∀` ;

そのお話はまた後日。

 

 

「じれったい唇」

「じれったい唇」 2005年9月30日発売

 

原作  遠野春日

 

キャスト  子安武人(沢渡肇)× 野島健児(萩雅之)他

 

じれったい口唇

じれったい口唇

 

会社の将来がかかっている取引を任されて先輩営業マンと

共に訪れた萩雅之だったが

そこに現れたのは新進気鋭の建築デザイナー沢渡肇だった。

七年前学生時代に出会って大学2年の時

いきなり腕をつかんで話しかけてきたのが肇だった。

「お前奇麗だな」

女性と勘違いされたのかと思ったが

強引にドライブに誘われ連れだされた。

いわゆるそういう店で数日前に

雅之を見かけたと言う肇は

ドライブの帰りに強引に迫った。

肇は遊び慣れていた。

だからどこか肇を信じられずにいたが

それでも腕に抱かれると幸せな気持ちで満たされていた。

肇はたまに来てはまたしばらく連絡がないと言うのは

当たり前だったが

ある日連絡を取ろうとすると取れずに

イタリアに留学したことを知る。

「お前に会っていると怖いんだ」

ただ一度だけ漏らした言葉。

雅之はいきなり捨てられたのだった。

 

それからこの商談だった。

もう駄目だなと思っていたのだが

急に契約に応じると言う。

母親が離婚して名前が変わっていたので

肇は気が付かなかった。

この先も担当を雅之にして欲しいと頼み

担当になった。

商談の日から三日後。

バカみたいに自分は少しの期待をずっと残しながら生きてきた。

これは仕事だから変な期待はしてはいけない。

あの8か月間は彼にとっては遊びだったのだから……

そう思い赴くがマンションに連れていかれ

無理やり抱かれそうになった。

捨てたのは自分、拾うのも自分

拒むが肇はお前の会社に頼まなくても他にはいくらでもあると

脅してきた。

だが雅之が分かったと言って服を脱ぐと

肇はもういいと言って服を着せた。

肇はどういうつもりでいるのだろうか・・・・・・・・。

 

 

=感想=

 

 雅之にやきもちを妬かせるために

偽の恋人を連れてくる沢渡だけど

なんだかちょっと雅之が可哀そうだった。

ゲイの人に好かれるタイプって

あるのは知ってたけど

「お前奇麗だな」って言われて女に飽きてたから

男と付き合うとか、なんだかなぁーって思っちゃうな。

お互いゲイ同士なら分かるけど

男は快楽に弱いのか!!って思ってしまうね。

浮気とか不倫とかそういう事なんだろうけど

最近は女性もしかりですが。

 

傲慢な沢渡ですが、それでも雅之を気にしています。

雅之は捨てられたと思って再び仕事で会うことになっても

自分にブレーキをかけ続けるんだよね。

ずっと忘れられなかったわけだけど。

それなのにまた関係を持ってしまうんだよね。

ちょっとあれ?って思うところもあったけど

じれったい唇だわ~。

明日はこの作品に出てくる沢渡が偽の恋人として連れてくる

聖が主人公の作品です。

 

 

 昔2丁目を通っていくライブハウスがあったのだけど

(今はあるか知りませんが)

そこへ行くときは派手な服を着たおねぇの方から

どう見ても女性にしか見えない方から

スキンヘッドに毛皮にタイツなんて変わった方まで

外にいてお客さんを迎えてる?感じでいい時間に

なると結構いらっしゃいます。

私の友達の男の子はそっちの方に持てるらしく

抱きつかれて「可愛いわね~」と頭をなでられていましたよ。

意外と硬派な友達でしたが

苦笑いで黙って撫でられていました (笑)

面白い人たちだなとまだ高校生くらいでしたが

思った記憶があります。

 

 

 

 

 

「ハート・ストリングス」

「ハート・ストリングス」 2008年3月28日発売

 

原作 亜樹良のりかず

 

CAST   黒田崇矢(榊一彦)× 遊佐浩二(篠原裄也) 他

 

 

BE×BOY(ビーボーイ)CD COLLECTION ハート・ストリングス

BE×BOY(ビーボーイ)CD COLLECTION ハート・ストリングス

 

 

ホストの裄は同伴中に後輩ホストが絡まれているのを

ほっておけず庇うがそこへ絡んでいた奴らの上司の

榊一彦だった。

そこで名前を名乗って用があるなら自分のところへ

と裄は言って帰っていった。

そして榊が訪れた。

ヤクザ家業の人だった。

先日の侘びだと遊んで行ってくれたが

実は自分の店に引き抜きに来たと言ったが

裄はオーナーにお世話になっているから無理だと言うと

自分の意見をはっきりと言えるのは良いといい

アッサリと引いて帰っていった。

それからもたまに訪れるようになった榊を

良い人だと思い始めた裄だった。

榊は裄に会いに来るのが唯一の楽しみだといった。

そんなとき・・・・・・。

 

 

ー感想ー

 

ヤクザとホストのお話。

黒田さんヤクザの役似合うわ~

同じこと思っている人はきっと私だけじゃないと

確信もって言えますね~

遊佐さんも他のCDでもホストの役をやられているのを

聴いたことがありますけど

関西弁話していたような気がするので

しかも攻めだった。

ちょっと今回のとは違うかな。

大人な恋愛ですね。

このCASTで子供っぽかったら期待して損したって

なっちゃうもんな。

遊佐さんも色っぽいです。

あねさんって感じです。

私も色っぽいお声出ないかしらね~・・・・・( ノД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

「プライド」

「プライド」 2006年4月21日発売

 

原作 水戸泉

 

CAST  遊佐浩二(三田龍樹、柾樹)× 岸尾大輔(小泉来) 他。

 

 

ドラマCD プライド

 

ドラマCD プライド

 

義理の父親にないがしろにされて育った来は

バイトに急いでいる時に雨に濡れて頭から血を流して

倒れている男を見つけた。

救急車を呼べばバイトに遅刻するし

前に浮浪者を救急車に乗せて病院に嫌がられた

ことがあった。

そこで着ていたシャツをその男に掛けて

行こうとするとその男が腕をつかんだ。

「お前の家はどこだ」

そこで来はその男を自分の家において

バイトへ出た。

中三までは家にいたが高校には家を出て

奨学金を貰って2つバイトを掛け持ち

しながら学校へ通っていた。

 

朝学校へ行く途中数学教師の藤井に声をかけられた。

いつものことだった。

いいようにされていたが

藤井の父親は理事長で藤井のお陰で奨学金

とれたのだ。

だから逆らえない。

体を触られている間、呆然と

雨の日に会ったあの男を思い出していた。

そこへ車のドアを開けた男がいた。

あの雨の日のおとこだった。

あの日バイトから帰ると男はいなくなっていた。

その男が藤井の元から連れ出したが・・・・・・。

そして連れていかれた場所には

義父と母が待っていた。

男の名は三田龍樹と言った。

カメラマンで小説家。

そして両親に2億5千万ものお金を払って

来を買ったのだった。

そして男は言った。

「プライドごと俺によこせ」

来は従うしかなかった。

 

 

ー感想ー

 

凄く可哀そうな生い立ちですが

なんて親だ!!って感じですよ。

義父は所詮義理の父親だから

と思っても母親はもっと庇ってあげてほしかった。

でもなんだかなー

ただの素人に次の表紙の写真のモデルとして

2億5千万も出しちゃうなんて

どんだけ金持ちなんだと思った。

それも女に飽きたからみたいなこと言ってたしな。

まぁファンタジーですよ!!

そう思えばおかしいこともオカシクナイ。

ただ、ちょっとこのCDの表紙の絵が

ショタっぽくてちょっと犯罪チックか?

とか思いましたが年齢設定から言っても

聴いてみてもそこまで子供ではなかったです。

あの絵は年齢よりも少し若く見えちゃうな。

大分かな。

でもそんなに悪くないと思います。

ファンタジーだし(''ω'')

遊佐さんも岸尾さんも安心して聴けますね。

あと野島兄さんも出ています。

 

 

★~

お天気が良くなったので

朝から洗濯とか洗濯とかそして洗濯とか

していまた。

だんだん寒くなってきて

厚手のものが渇きづらいですね~

今日もジムがやっていないので

スクワットしたりウエスト回したり

エアロバイクです。

家でやるといまいち利いているのかなと

思っちゃいますね~

 

 

 

 

 

「歯科医は愛を試される」

「歯科医は愛を試される」 2005年2月23日発売

 

原作  水壬楓子

 

CAST  諏訪部順一(花崎桂史郎)×鳥海浩輔(日高飛鳥) 他。

 

 

歯科医は愛を試される ドラマCD

 

歯科医は愛を試される ドラマCD

 

妹が結婚することになったパティシエの飛鳥は

田舎に引っ越した両親が残した家に妹の茜と二人暮らしだった。

妊娠している茜はこの家で暮らしたいから兄さんは出て行って

欲しいと言う。

茜の結婚相手の弟のマンションに住まわせてもらう許可は

とっているという。

茜の結婚相手は幼馴染でこれ以上ないくらいの

相手なので良いのだが

高校時代自分を強姦した男、桂史郎の兄でもあった。

しかも強姦した次の日「間違えた」と言われ

 飛鳥は許せない気持ちでいっぱいで

それから大学へ進み全く顔を合わせることもなかった。

その桂史郎の家に同居させてもらわなければならないと

諦めて住まわせてもらうことになる。

実はこのマンションの一階にに父親の跡を継いで働いている

店があった。

そしてその二階に桂史郎もまた父親の跡を継いで歯科医に

なっていた。

仕事場からは近いし条件は良いのだが

なにせあの桂史郎との暮らしに不安ばかりだった。

だが桂史郎は料理もうまく毎日自分の分も作ってくれる。

ご飯の時間が楽しみになっていたりもした。

そんなとき!事件が起きた・・・・・・。

 

 

ー感想ー

歯科医とパティシエのお話。

桂史郎はなんだかんだ言って

昼の休憩の時には従業員の分の

ケーキを毎日飛鳥の店で買って食べていたりします。

歯医者さんと言えば甘いものはタブーな感じで

職種的にも何か問題がありそうな感じですよね。

でも桂史郎の優しさやだんだんと

高校時代の真実もわかったりして

二人の距離はしっかりと縮まっていきますよ。

事件も起きたりしますが

桂史郎は意外と頼りになるんですね。

 

諏訪部さんいいお声です。

色っぽいよなぁ。

鳥海さんは相変わらずの安定。

イイ感じです。

 

 

 

★~

今日は二度寝したら

起きたの2時半でした(;'∀')

ご飯も食べずに寝続けるなんて

1週間の運動の疲れと

月のものが来たのでだるかったのとで

凄く久々に沢山ねてしまいました。

起きたらまず思ったことは

「はらへった」でした。

今日も元気に生きてるわ~

お腹がすくのは良いことだ!?

とダイエット中だけど思ってしまいました。

ジムが火曜日まで都合でやってないらしいので

3日間ぼよよーんとなりそうですが

エアロバイクはやろうかな。

昨日ダイエット番組を見ていたけど

なんかすごいですね。

女同士って;

8人で1か月で100キロ痩せなきゃいけないんだけど

一人が入院して7人で達成しなければならなくなって

喧嘩して怒鳴りあったり不貞腐れたりと

なんだか怖かった。

食べたいものも食べられず過酷なトレーニングを

しているから余計にイライラしちゃってるんだろうな

と思ってみてました。

でも達成していましたよ。

凄いです。

私も今月の目標あと1キロをとりあえず

頑張ろう!

 

 

 

「本気じゃねぇから」

「本気じゃねぇから」2004年4月23日発売

 

原作 富士山ひょう太

 

CAST  小西克幸(暮嶋英二)×岸尾大輔(杉ノ井浩人) 他。

 

 

本気じゃねぇから ドラマCD

 

本気じゃねぇから ドラマCD

 

カメラマンの暮嶋英二と高校生の杉ノ井浩人は

お互い失恋した者同士だった。

暮嶋はドライブにでも行って発散しようと

駐車場へ向かうがそのボンネットに浩人が座っていた。

そしてドライブへ行って帰ってくるとまた駐車場で

あの高校生が眠っていた。

ボンネットが暖かいから座っていたと言う。

それならうちへ来ればと家に泊める。

浩人に「あんた現代人?」まったく警戒心がないって言われ、

仕事場でも同じことを言われる。

それから妙に浩人は暮嶋に懐いていく。

暮嶋はその気持ちに気が付きながらも

普通に接していた。

そんな時浩人に誘われ体の関係を結ぼうとするが

浩人は怖くなって途中で泣いて帰ってしまう。

これで連絡を取らなければ終わる関係だと分かっていたのに

暮嶋は浩人に連絡して会いに行ってしまう。

期待させないように距離を取った方がいいと分かっていたはずなのに。

そして浩人はそばに入れればいいと思い

ただ遣りたかっただけだと言い嘘をつく。

そんな時暮嶋の助手として行った先には暮嶋の元カノがいて・・・・・・。

 

 

ー感想ー

 

メインのお二人も息があっていたし

これも何度もリピしているお話です。

ストーリーとかは特別な設定とかがあるわけではないけど

私は好きな作品です。

なんと言ってもフリトが笑えます。

たまにストーリーは置いておいて

フリトが楽しかった的な物もありますが

これは両方良かったのではないでしょうか。

 

 

★~

たまに思うのは私が突然死んでしまったら

このBLCDやコミックや小説たちはどうなるのだろう。

家族はどう思うのかな。

もしかしたらどんなの読んでたのかな?とか

聴いてたのかな?とか思って読んだり聴いたり

した時にどう思うのでしょうか・・・・・・。

早く処分しなければと思いつつも

長生きしておばーちゃんになったころに手放せばいいのでは

とか思うんですが、まぁ死んだあと見られて

あの子はこんな趣味があったのね~と思われても

どうせ死んじゃってるからわからないか。

でもなるべく早く手放そうと思います。

家の床が落ちる前には・・・・・・。

 

「情熱のヤングマン」

「情熱のヤングマン」 2009年1月23日発売

 

原作  高橋ゆう

 

CAST  羽多野渉(山田健 ヤマケン)×福山潤(小野智)

     鳥海浩輔(中上)× 森川智之(秀典)他

 

 

情熱のヤングマン

 

情熱のヤングマン

 

高校から付き合ってきた彼氏に

捨てられて飲んだくれて記憶をなくした朝

隣に知らない男が寝ていた。

小野智は慌てて帰るが会社に財布を拾ったという人が

届けに来てくれてた。

そこには制服姿の大きな男山田健がいた。

拾った金額の一割をやると言ったが

お金はいらないからもう一度やらせてと言われ

2人はホテルへ行く。

しかも健は童貞で小野に教えてもらい結局

何度もやって帰ってきた。わかさゆえ。

失恋したてでしかも上司の娘と結婚するから

別れてほしいと言われ小野は少し荒れていた。

そこで健の優しさに救われていく。

健は小野が好きだと言う。

だから元カレと寝ないでと頼む。

だけど元彼の秀典は結婚しても愛してると言う。

だが秀典とちゃんと別れることができた。

ところが・・・・・・・。

 

 

ー感想ー

 

ちょっと笑えてちょっと切なくて

そして大人な小野がいい意味で元気な

健に惹かれていく。

2カップルお話がありますが

どちらもおじょうな方たちばかりなので

安心して聴けます。

そして重いお話ではないので

何度もリピしてしまいますね。

好きなお話の一つです。

 

 

★~

ジムいってきました。

足がぁぁぁぁ今日は上がらなかった。

そしてランニングマシーンをしている途中で

急にお腹が痛くなった。

これはまずい

(;'∀')

と思いましたがあと8分何とか頑張ろうと

違うことを考えたりして

何とかやり過ごして

超特急で家に帰りました。

でも家に帰ったら治った。

お腹が冷えたのかも。

そろそろ冬のスポーツウェアーを着てやらないとかな。

腹巻でも買おうかな。